フォトアルバム豪購入はこちら

園について

園長あいさつ
園長 末松 圭子
 香椎しもばる保育園は平成30年4月に開園した福岡市の認可保育園です。
 「木のぬくもりのあふれる園舎」「情熱と愛情溢れる先生」といった物的環境と人的環境の中、たくさんの遊びや経験を通して、多くの人との関わり、自分で考え歩んでいける力を育てていきます。
子どもたちのこれからの人生には、楽しいこと、嬉しいことがたくさんある事でしょう。苦しいこと、乗り越えなくてはいけないこともやってくるかもしれません。その時乗り越えることができる原点は、「自分はかけがえのない大切な人間だ」と思えることだと思います。今、この乳児期・幼児期に愛されて育つことがとても大切なことです。
 子どもたちが幸福感・満足感・自己肯定感を得られるように、しっかりとした人生の土台を作っていきたいと思っています。保護者の方の宝、そして世の中の宝である大切な子どもたちを、保護者の皆様と全職員のたくさんの愛情で見守っていきましょう。 園長 末松 圭子
保育理念・方針
保育理念・方針(1)
保育理念・方針(2)
保育理念・方針(3)

古賀市、糟屋郡新宮町にある、父と兄が運営する幼稚園・保育園で、短い経験年数とはいえ、
子どもの将来のために、子どもの「今」を大切に、開園~運営に注力してきた。
働き方改革、子育て支援制度、待機児童問題等が顕在化している頃、福岡市の保育所整備事業における事業者公募が実施された。
私がその事実を知ったとき、これまでの経験の中で大切に感じていた「3つの観点を福岡市でもカタチにしていきたい」という想いから、
法人設立並びに保育園設立への決断に至ったのである。

その3つとは、
1.子ども(乳幼児期)は人生の土台づくりの時期であり、われわれ保育者はその肥やしを与えていく存在であること
2.保護者への「子育て支援としての役割」と「共育を推進する役割」によって、思い出をつくり共有しあうこと
3.子育てを通じて、地域福祉の充実に努め、地域に愛され、必要とされる組織・集団になること

これら「子ども・保護者・地域」という3つの観点(想い)を堅固な柱(カタチ)にしている現在進行形の薄和哉である。

PROFILE

1985.5.20生まれ(福岡県古賀市出身)
  • 2004 福岡高等学校 卒業
  • 2008 熊本大学工学部 卒業 ロンドンへ留学
  • 2010 東京ガスグループ 入社
  • 2013 震災をきっかけに家業を継ぐ(花鶴丘幼稚園 入職)
  • 2014 新宮あおぞら保育園開園 園長就任
  • 2016 上府あおぞら保育園開園 園長就任
  • 2017 社会福祉法人豊和福祉会設立 理事長就任
  • 2018 香椎しもばる保育園開園 事務長就任
  • 2022 れいんぼー幼児園開園 副園長兼事務長就任
▲TOP
Copyright ©2022 香椎しもばる保育園|福岡市東区(認可保育園) All Rights Reserved.